プロフィール

ちゃか(菊地 康朗)

秋田県出身

子供の頃からの夢だった騎手という職業に憧れ、両親の反対を押し切り日本中央競馬会競馬学校の試験を受けるも2年連続で不合格。それでも諦めきれず、地方競馬全国協会の試験を受け合格。高校を中退し、2年間の訓練期間を無事終え2003年10月に岩手競馬でデビュー。

 

しかし、レース中の事故やケガ、自分の身体をおろそかにしていたこともあり年々低下するパフォーマンスに悩み続け、同じようなことの繰り返しのように感じ、自分を否定する毎日が続く。

そんな中、出会ったのがチネイザン(氣内臓)。薦められるがままにセッションを受けてみると、初めはお腹も触られることに緊張はあったが、優しいタッチでお腹をほぐされていくとそれも徐々になくなり、お腹の中心から身体全体がほぐされていく感覚が施術後もしばらく続いた。その数日後には驚くことに不思議な変化が起こった。身体がいつもより軽くなった感じがしたとおもったら、自分の理想の体重で安定するようになった。もっと驚いたのは心の変化だった。自分を否定する毎日だったはずが、心(感情)も軽くなり考え方も変わった。あの人のために、あの人達のためにと他人を優先してきたが、もう自分のために生きよう、もう誰かと戦う(競争する)のは辞めにしようと2015年6月引退を決意する。

自分の身体をおろそかにしたり、日々の生活の中で自分のように苦しんでいる人が大勢いるのではないかと思い、自分の人生を変えてくれたチネイザンを学ぶべく、日本で唯一公認の指導ができる方に指導を仰ぎ、2017年「日本チネイザン協会」公認のプラクティショナーに認定される。

最近毎日が同じようなことの繰り返しのように感じ悩んでいる方、自分の身体をおろそかにしてしまっている方など以前の自分のように苦しんでいる方のサポートをいたします。